大きな希望を抱ける程に

労働基準法があるお蔭で、常に希望を持って仕事に取り組めている労働者が数多くおられることでしょう。残業をしたときに労働基準法が機能することで、残業代が正常に支払われることに救われた気分となるのです。労働基準法がある限り、希望が途絶えることがないと思っている労働者が沢山居るのが窺えてきます。労働基準法が労働者にとっての生きる希望となり、仕事への情熱を加速させるのです。労働基準法によって、希望がどんどん溢れ出てくる感覚を覚えた労働者が居ても不思議ではありません。それだけ労働者の心に光を届けるものであり、希望の塊を形作っていくと言っても大げさではないのであります。労働基準法が労働者の希望を約束させていき、労働者に働く喜びを与えるのです。これからも労働基準法があり続けることが予想されて、労働者にとって生命線だと言える程に重要なものだと言えます。労働基準法を強力な後ろ盾だと感じている労働者が沢山居ることでしょう。労働基準法が労働者の人生を保証していき、労働者が胸を張って生きられるようにするのです。労働基準法によって守られていることを実感している労働者が少なくないと察せられて、労働者を勇気付けていきます。あたかも労働基準法が希望の渦を生成しているように感じてくる労働者が居ても可笑しくないのです。それだけ労働基準法に大いなる希望を託していて、労働基準法が労働者を希望の彼方に導いていくはずだと信じて疑っていないのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です