残業代が支払われるために

毎月しっかり残業代が貰えているのは、労働基準法があるお蔭だと感じている方が数多くおられることでしょう。残業した分だけの給料が支払われることで、労働する喜びを感じられるのです。労働基準法があることで、仕事のモチベーションが高くなっていると言っても過言ではなくて、仕事をする意義をも高めていきます。労働基準法がある限り、労働者の権利が守られていくことを実感していて、残業代の未払いが発生せずに済むと思っているのです。労働基準法によって労働者の残業代が保障されていき、仕事のモチベーションが下がらずに済みます。あたかも労働基準法が残業をしようとする気持ちを高めているように感じてきても不思議ではないのです。
連日残業をしていることで、高い残業代が貰えることを期待している方が沢山いらっしゃることでしょう。労働基準法がある限り、高い残業代を手にすることは確定的だと感じています。労働基準法があるからこそ今の自分があると思っていて、労働者の人生を支えるものだと言えるのです。高い残業代を貰うことで労働する喜びを得られるため、労働基準法はあり続けてほしいと切に願っています。労働基準法のお蔭で、定年まで働き通そうとする気持ちを抱くようになった方が少なくないと思い、残業をする度に残業代が貰える喜びを?み締めているのです。労働基準法が労働者に生きる希望を与えていると言っても大げさではなくて、労働者に希望の光を注いでいるのであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です