労働基準法があることで

労働基準法は頼みの綱だと感じている労働者は大変多くいらっしゃることでしょう。労働者が労働者であり続けるために労働基準法が必要だと言っても過言ではなくて、労働者の権利を尊重するのです。労働基準法があることで、理想的な社会生活が送れていることを実感している労働者が数多いことでしょう。まるで労働基準法が社会生活に彩りを添えているように感じてきても不思議ではなくて、労働者を応援するものだと言えます。労働基準法があるからこそ、思い描いた通りの仕事ができるようになると感じているのです。労働基準法のお蔭で抵抗無く残業ができている方が数多いと思い、労働基準法が残業した分だけの残業代を保障してくれることを有難く感じています。まるで労働基準法が社会生活の基盤を形作っているように感じてくる方がおられることでしょう。労働基準法が社会生活のあるべき姿を映し出していると言えて、労働者にとって有利な社会生活にしているのです。極端な話、労働基準法が社会生活を理想郷にしていると言っても大げさではなくて、労働者を働き易くしていきます。労働基準法が仕事への情熱を途絶えさせないと感じている労働者が居ることでしょう。労働基準法によって救われた気分になっていて、仕事をやり通そうとする気持ちにさせているのです。労働基準法イコール社会生活だというくらいに、労働基準法を重要視している労働者が結構おられるのが窺えます。労働基準法に希望を託しているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です