残業への抵抗を無くすもの

連日長時間残業をしている労働者は、高い残業代が貰えることを楽しみにしていることでしょう。労働基準法があるため、残業代が保障されるはずだと信じているのです。労働基準法のお蔭で仕事への労働意欲が低下せずに済むと思っていて、社会生活を営む上での拠り所だと感じています。まるで労働基準法によって自分が正しく律されているように感じてきても不思議ではなくて、働き続けようとする意識を高めていくのです。労働基準法があることで、長時間残業をした場合に不当に残業代がカットされる恐れが無いことを有難いと感じています。労働基準法が残業のあるべき姿を映し出しているように感じてくる労働者が居ても可笑しくないのです。労働基準法が仕事をして残業代を得ることの大切さを教えているかのようであり、労働者の未来を約束させていきます。
長く会社勤めができるのは、労働基準法があるお蔭だと感じている労働者が沢山いらっしゃることでしょう。労働基準法が残業することの意義を明確にしていき、正しい残業代のシステムを表しているのです。労働基準法があるからこそ、定年まで働き通そうとする気持ちになったと言っても過言ではなくて、社会に深く関わっていこうとする気持ちにさせていきます。労働基準法は労働者にとっての守り神だと言えて、労働者の立場を尊重しているのです。労働基準法が労働者が進むべき未来を指し示していき、残業に関する問題を払拭していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です